ジャパニマフランス

フランス暮らしコミックエッセイと映画レビューがせめぎあっている

ホラー/スプラッター小説レビュー

すべてのグロ初心者に捧げる、極上のサイコサスペンス小説。「殺戮にいたる病」ネタバレ感想

サイコサスペンスの中に若干のグロが散りばめられた、我孫子武丸氏によるサイコホラー小説のネタバレ感想です。 グロは死体損壊描写のみで、拷問やリョナ的描写はないのでご安心を。

友成純一氏のエログロスプラッター小説「獣儀式ー狂鬼降臨ー」ネタバレ感想

エログロスプラッターの名手、友成純一著の狂鬼降臨のネタバレ感想。小説の最後の方めっちゃ適当になって終わります。リョナ系苦手な人もまあまあ読めると思う。

ホラー小説「ぼぎわんが、来る」ネタバレ感想

ぼぎわんというコミュ力高い怪物が忘れた頃に自分を訪問してくるお話です。 途中から女霊媒師VS怪物みたいな、ラノベっぽいノリになる。以下は雑なネタバレと感想です。