ジャパニマフランス

フランスプチ引きこもり生活ブログ。時々映画レビューも。

蜘蛛巣城【三船敏郎が弓矢だらけに!】映画ネタバレ感想

f:id:mi_ro:20160313233910p:plain

1957/ 110分/ 日本
監督:黒澤明

脚本:小国英雄/ 橋本忍/ 菊島隆三/ 黒澤明
製作:黒澤明/ 本木荘二郎
出演者:三船敏郎/ 山田五十鈴/ 千秋実/ 志村喬/ 久保明/ 太刀川洋一/浪花千栄子

【あらすじ】

蜘蛛巣城の大殿に仕える武将、鷲津武時(三船敏郎)と三木義明(千秋実)。「蜘蛛手の森」で未来を予知する物の怪と出会ったことから、鷲津の運命は血塗られた歯車のように回り始める。シェークスピアの戯曲「マクベス」を基にした黒澤明監督作品。

【予告編】


THRONE OF BLOOD (1957)

【以下結末までネタバレしてます。読む前に映画を観た方が面白いよ!】

主人公は蜘蛛巣城君主に使える剛腕の武将・鷲津。幼馴染で剣を鍛えあってきた三木とともに城に向かう途中、濃霧の森に迷い込みます。カラカラと糸巻きをしている不気味な物の怪に出会い、「鷲巣様は蜘蛛の巣城の主になり、その後三木様のご子息が主になる」と告げられます。

f:id:mi_ro:20160313233907p:plain

【↑意外とマッチする糸巻きと物の怪の組み合わせ。】

この映画は終始霧がスゴイ。そして鷲津と三木が霧の中をウロウロするシーンがやたら長いです。

”蜘蛛巣城の主になる”という物の怪の言葉が忘れられない鷲津。正室・浅芽(あさじょ)に背中を押され、ついに大殿を殺害します。この奥方がね・・この人が物の怪なんじゃないかっていうぐらい、邪魔者抹殺を勧めてくるんですよ。君主殺害のためわざわざ自分で槍を持ってきちゃいます

f:id:mi_ro:20160313233906j:plain

【↑浅芽はこんな感じのビジュアルです。】

君主の右腕・小田倉(志村喬)に罪をなすりつけ、蜘蛛巣城の新たな主におさまった鷲津。一度は三木の息子に時期君主の座を譲ろうとしますが、身籠った浅芽の進言で三木親子を暗殺することにします。

幸い三木の息子は脱出しますが、首を取った三木の亡霊を見る鷲津。家臣たちの前で猛烈に取り乱し、刀を振り回します。危ないよ・・!

f:id:mi_ro:20160313233908p:plain

【↑左:大殿殺害後も友でいてくれた三木。右:それを裏切る鷲津!】

神経衰弱気味となった鷲津は側近を何人か殺し、腫れ物を触るような扱いになる。なんかちょっとかわいそう。友を信じる豪快な侍だったのに、物の怪と奥方によって己の欲を暴かれ、落ちていきます。

一方、静かな狂気・浅芽身籠った子を死産したことが引き金になり発狂。

こうなってやっと、三木の息子を跡取りとして迎えなかったことに後悔する鷲津。己を大馬鹿ものだと認め、笑い泣きます。さらに小田倉が三木息子とともに蜘蛛巣城へ攻め入ることを聞きつけ、鷲津は単身、物の怪の森へ入ります。

物の怪に自分の運命を問う鷲津。「この森が蜘蛛の巣城に攻め込むようなことがあれば、あなたは破れる。」と告げられ、森が動くようなことはあるまいと笑い飛ばします。

ところが普通に森が動き出す。それによりこれまでの疑心を爆発させた味方の兵たちは、鷲津に矢の嵐を放ちます。(動く森は小田倉の案により、矢を防ぐため森の大木を切って兵が担いでいたものでした。)

f:id:mi_ro:20160313233909p:plain

【↑本当に三船?と疑いたくなるほどのサンドバック状態。】

この時の三船敏郎の演技がすごい。味方からの矢がバンバン刺さって、うわーとかひゃーとか言いながら逃げ惑うんですが、ほんと三船敏郎の独壇場でした。

黒澤監督が本当の矢を使って撮ると言った時は三船も抗議したそうですが、結局プロの弓道師により矢を射掛けられることに。最後は鷲津の首にスコーンと矢が刺さって、シュールな感じで力つきます

己の欲に目がくらみ本当に大切なものを失うことの愚かさを教えてくれる映画です。

f:id:mi_ro:20160315173822p:plain

【↑KUROSAWA映画祭のポスター。どんだけ三船好きやねん。】

今回、フランスの映画館がKUROSAWA映画祭なるものを開催していたので行ってきました。予告編の武将たちが棺の周りをウロウロしてるシーンが見たかったのですが、本編に見当たらず残念。 

蜘蛛巣城 [Blu-ray]

蜘蛛巣城 [Blu-ray]

 

 【↑絵画のような映像美と三船の圧巻の演技を見逃すな!黒澤ファンならずとも揃えておきたい名作です。】

蜘蛛巣城 [DVD]

蜘蛛巣城 [DVD]

 

 【↑このDVDパッケージもかっこいい!】