ジャパニマフランス

フランスプチ引きこもり生活ブログ。時々映画レビューも。

ネタバレ感想 オペラ【ムツェンスク郡のマクベス夫人 Lady Macbeth de MZENSK】

f:id:mi_ro:20160125222621p:plain

初演: 1934年1月22日
完成: 1932年
作曲家: ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
言語: ロシア語
脚本: アレクサンダー・プリーズ


こないだムツェンスク郡のマクベス夫人(Lady Macbeth de MZENSK)を見たのでその感想とネタバレを地味に書いていきます。

人物設定や背景などは現代風にアレンジされてました。ちなみに作曲者は奇妙な魅力あるオペラ『鼻』と同じ人物です。

 長そうでやだなあ(´_ゝ`)という方のためにだいぶ端折って書きました♪

 

【第一幕】

単身赴任中の夫がいるマクベス夫人。彼女は義父が社長を務める会社で働いています。普段は真面目を気取っていますが、実はロマンスを夢見ている乙女な夫人。

毎夜体にアロマオイルを塗り、入念に手入れしています。

ある日新米従業員セルゲイが入社してきます。男らしい彼を密かに気にするマクベス夫人。

夫人は毎晩一人で眠りにつきます。部屋の前に響く義父の声・・。「戸締りはしたか」「もう寝る時間だぞ」「宿題やったか」「歯ぁ磨いたか」「風邪ひくなよ」


ドリフターズ80 エンディング

 ある晩、夫人はセルゲイが従業員女性をレイプしているのを目撃します。はよ警察に通報せなと焦る夫人ですが、考えとは裏腹に体が熱く火照ります。

 

後日。夜、いつものように夫人がボディーケアしていると、誰かが戸口に忍び寄る気配がします。あの新米従業員・セルゲイでした。無理矢理扉を開けられ、バトルがしたいとかなんとか言ってレイプされる。((( ;゚д゚)))初めは恐ろしさに身がすくむ夫人でしたが、最終的には男に身を委ねてしまいます。

 

そんな事とはつゆ知らず、義父が夫人の部屋までやってきます。部屋からは愛を語り合うセルゲイと夫人の声が・・。怒り狂った義父は他の従業員を呼び寄せ、男に暴行を加えます。引き離され、悲しみにくれる夫人。やがてその悲しみは怒りに変わります。

 

従順な夫人を従わせようと、食事の用意をするよう命令する義父。「キノコのスープがありますわ・・・」ニヤリ  夫人が密かに毒を盛ったとも知らず、美味そうにスープをすする義父。朝が来る頃には、苦しみの中息絶えた義父の姿が発見されます。

このキノコは当たるキノコだったと牧師に説明する夫人。一応皆納得する。(´・_ゝ・`)フーン

義父が死に、セルゲイとの甘い日々が続きます。すでに夫人は、退屈な日常を埋めてくれたセルゲイの虜になっていたのです。

 

そんなある日、夫人の夫が突如帰宅します。帰るなり夫人を責める夫。社長である父の死後、夫人が他の男と関係を持っていることを知っていたのです。夫人はセルゲイとともに夫を絞殺します。死体は床下へ放り込み隠蔽することに。

f:id:mi_ro:20160125222623j:plain

【↑事務所でのマクベス夫人。ちょっとコワイ。】

 

【第二幕】

晴れてセルゲイと結婚式を挙げることになった夫人。お祭りムードの中夫人は喜び、セルゲイは念願の逆玉浮かれっぱなしでした。部屋の床下にある死体を従業員に発見されるまでは・・。

外の異様な気配を感じ取ったセルゲイは、式の最中にも関わらずカバンに紙幣を押し込み、夫人に逃げるよう促します。しかし次々に乗り込んでくる警察。まず夫人を捕らえ、一人逃げようとするセルゲイも捕まえます。

 

寒い刑務所の中。社長の息子の嫁だっただけのことはあり、夫人は質の良い靴下を身につけています。

看守にこっそり賄賂を渡し、他の牢に囚われているセルゲイと面会させてもらいますが、現れたセルゲイはそっけない態度。俺の人生がこうなったのはお前のせいだと夫人をなじります。溢れ出るだめんず臭。

f:id:mi_ro:20160125222622j:plain

【↑幸せな結婚式になるはずが・・。】

絶望に泣きくれる夫人はいつしか眠ってしまいます。そこへ現れたセルゲイ。他の女囚に愛の言葉を囁き、女囚は「靴下を手に入れてくれたらアンタの女になってもいい」と約束します。

そうと聞くや、眠ってしまった夫人を起こし、俺が悪かった!やり直そう・・と迫るセルゲイ。そんな男の軽い言葉に夫人は歓喜し、自分の靴下をあげてしまうのです。

その途端豹変する男。夫人を突き飛ばし、女に靴下を差し出します。「これでお前は俺のものだ!」

夫人の目の前で激しく交わるセルゲイと女囚。夫人は気がおかしくなり、用が済んだセルゲイは満足気に部屋から出て行きます。

 

平気な顔で身繕いを始める女囚。怒りに我を忘れた夫人は女を絞め殺そうと飛びかかりますが、駆けつけた看守たちに取り押さえられ、暴行を受けます。

ピクリとも動かなくなった夫人・・。彼女の遺留品に結婚式用の高価なアクセサリーを見つけた看守は、それを自分の首にかけると部屋を去って行きました。【完】

  

かなりひどい顛末になっています。これを3時間見た私・・。なぜかセルゲイの全裸サービスシーンもありました。(どの層に向けたものだろう?)ちなみにR14でした。( ´_ゝ`)ダヨネー

 【↑アロマオイルでケアしているとこんなロマンスが訪れるかもしれません。】

ショスタコーヴィチ:ムツェンスク郡のマクベス夫人 [Blu-ray]

ショスタコーヴィチ:ムツェンスク郡のマクベス夫人 [Blu-ray]

 

【↑まあまあショッキングな内容ですが3時間ぐらい余裕のある方は是非観てみてください。】