ジャパニマフランス

フランスプチ引きこもり生活ブログ。時々映画レビューも。

冷たい熱帯魚【美女二人の爆乳がやばい】映画ネタバレ感想

f:id:mi_ro:20160422165929p:plain

監督・脚本:園子温
脚本:高橋ヨシキ
出演者:吹越満/ 黒沢あすか/ 神楽坂恵/ でんでん/ 梶原ひかり/ 渡辺哲/ 諏訪太朗

2010年/ 日本 /146分

【あらすじ】

細々と熱帯魚店を営む社本(吹越)は、思春期の娘と後妻の関係に行き詰まっていた。ひょんなことから出会った会社経営者の村田(でんでん)と親睦を深めていくうち、恐ろしい事件に飲み込まれて行く。実際の事件”埼玉愛犬家連続殺人事件”をモチーフにした血の饗宴が始まる。

【予告編】


『冷たい熱帯魚』日本版予告(avi)

地味にネタバレしてるから読む前に映画を観てね!】

”狭くて暗いニッポンの家”を映像化したらこうなるって感じの家に住む、主人公の社本(吹越)。反抗的な娘、やらせてくれない巨乳後妻にストレスを抱える社本は、娘の万引きをかばってくれた同業者の村田(でんでん)と出会います。

村田は豪快なワンマン社長。セクシーな妻の愛子(黒沢あすか)とともに大きな熱帯魚センターを経営している。村田の人としての魅力に、社本一家は傾倒していきます。

【↓タンクトップにホットパンツという制服の熱帯魚屋。某フー⚪︎ーズならいざ知らず、魚を買い求める店で露出の意味。

f:id:mi_ro:20160422165931p:plain

ここで巨乳後妻が村田と二人きりになって、頬をビンタされつつ乳を揉まれるという展開があります。視聴者に”なんかキモチワルイ”と思わせるようなキスをかましてくるでんでん。さらに後妻が爆乳すぎて映画に集中できない。

 

そうとも知らず社本は、飴と鞭を使い分ける村田に逆らえなくなってきます。こんなおっさんいるいる。声がでかくて高圧的なんやけど、突然人が変わったように優しくなるんですよね。怖すぎ。でんでん自身が段からマインドコントロールを行っているのではと勘ぐってしまうほどハマリ役です。

 

巨額な魚の融資を吉田(諏訪)から取り付けた村田は、書類にサインさせた後吉田を毒入り飲料で殺害。その死体を社本に運ばせ、山奥の小屋で妻の愛子とともに解体作業を始めます。「俺の親父はおかしくなり、幼い俺をここへ閉じ込めた」と自身の過去を語りだす村田。そんなこと今言われましても。

【↓満面の笑みで解体作業終了。実際の犯人のセリフ”ボディを透明にする”もここで飛び出します。】

f:id:mi_ro:20160422165932p:plain

この後、殺された吉田の舎弟が乗り込んでくるんですが、村田と社本、村田の弁護士・筒井(渡辺)の演技で事なきを得ます。その間従業員の少女と百合プレイを楽しむ愛子。

 

筒井の自宅では、お抱え運転手になぜか性行為を見せつける筒井と愛子の姿がありました。愛子も何気に乳がでかい。その後村田夫妻により筒井とお抱え運転手が殺害され、またも死体を運ばせられる社本。

【↓部屋と布団のセンスがすごい。筒井宅に死体回収にやってきた村田と社本。】 

f:id:mi_ro:20160422165930p:plain

死体解体作業のあと、社本は村田の命令で川に臓器などを捨てに行かせられます。そこで村田からお前の妻を抱いたと言われ、さらに「俺の妻(愛子)を抱け!」と迫られる。社本の中で何かが切れる気配。

 

言うとおりに愛子を抱く社本(笑)かと思ったらペンで愛子の首筋をブスリ!さらに油断していた村田もペンで刺します。この時村田がちっちゃい声で「ちょっと痛い、ちょっと痛い」とか言う(笑)。

 

死亡した村田を軽症の愛子に解体させ、その間社本はやらせてくれない後妻を無理矢理犯し反抗的な娘を殴り倒します。もう無茶苦茶。

 

なんやかやで最終的に愛子と後妻を刺殺し、社本も自殺します。その死体を見下ろしながら、嬉しそうに悪態をつく社本の娘の姿でEND。なんだこの後半の怒涛の流れ

 

この映画の見せ場である死体解体作業ですが・・えっ?これだけ?ってなるかもしれません。すでに死んでる人間を解体するのでグロ耐性なくても観れると思います。

 【↓社本役の吹越さんが、園監督に”いつか自分を使って欲しい”と頼んだ結果、この映画の役が回ってきたらしい。ついでに言うと実は私、学生の時吹越さんにファンレター送ったんですよね・・。】

冷たい熱帯魚 [Blu-ray]

冷たい熱帯魚 [Blu-ray]

 

 【↓”埼玉愛犬家連続殺人事件”で死体の解体作業の手伝いをした人による実録です。】

愛犬家連続殺人 (角川文庫)

愛犬家連続殺人 (角川文庫)