ジャパニマフランス

フランス暮らしコミックエッセイと映画レビューがせめぎあっている

骨折と絶縁と解雇て同時に来るんだね・・知らなかったよ・・。

google.com, pub-6742444243078327, DIRECT, f08c47fec0942fa0

7ヶ月ぶりの記事です。ミロです。

皆様お元気でしたか。

タイトルの通りいろいろありましたが私は元気です。

f:id:mi_ro:20191214193726p:plain

落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。

思ったより画像が大きくなったけど魔女宅は関係ありません。

 

この7ヶ月いろいろあった詳細を雑にまとめたのがこちら↓

〜魔境暗黒編〜

・昨年7月初旬、夫普通に歩いていて唐突に左足骨折。

・同日同時刻、別の場所にいた夫の兄弟と親族が左足を打撲・捻挫。

・夫骨折から3日後、なぜか私が義両親と絶縁

・その数日後、夫が唐突に仕事先を解雇される。

 

〜浮上極楽編〜

・その3日後、夫、超絶好条件の大手企業へ再就職が決まる。

・一ヶ月ぐらいで引っ越しする。

・我が子が引っ越し先の幼稚園に馴染んできたっぽいので私は仕事を始める。

 

ていうか骨折と解雇は夫の受難だったね!かわいそうなのは私じゃなくて夫でした。私は義理実家と無駄に絶縁しただけです。

めっちゃ喜怒哀楽入り乱れた7ヶ月間だった・・。

そして正直めっちゃ疲れた。

 

私のような普段人間との関わりがない三十路の隠キャがよく頑張ったと思う。(何度も言いますが頑張ったのは夫で私ではないけども)。

魔境暗黒編の日々の反動が来て、最近仕事ない日は衛府の七忍を読みまくっています。

 

▼「うぬら外道が過ぎるゆえ、刎ねるだけでは飽き足らぬ」とか言いつつ一人衛府ごっこをやってるんだぜ・・。

f:id:mi_ro:20200204224355p:plain

 

 

次回は真面目にフランス映画「アン・オフィサー・アンド・ア・スパイ(原題:J'accuse...! 弾劾する! )」の雑な感想をお送りします。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

▼山口先生渾身の力作、「衛府の七忍」現在8巻まで出ています。・・が個人的に燃えるのはやっぱり1巻の零鬼編!!シグルイ好きな人は是非。

衛府の七忍 1 (チャンピオンREDコミックス)

衛府の七忍 1 (チャンピオンREDコミックス)

  • 作者:山口貴由
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2015/10/20
  • メディア: Kindle版