ジャパニマフランス

フランス暮らしコミックエッセイと映画レビューがせめぎあっている

おじさんはなぜ「僕がもうちょっと若かったらくどいてたなー 」とのたまうのか

google.com, pub-6742444243078327, DIRECT, f08c47fec0942fa0

おじさんがあと20歳若かったら君をくどいてたなー

とのたまうおじさん達

あと20年若かったらあなたたちは多分あと10歳若い女子をくどいてると思う。

 

 

もっと早く出会っていれば彼氏に立候補してたよー

とのたまうおじさん達

私たちが同い年で出会っていたとしても、あなたがたは私ではなく他の美女に声かけてますから。

 

なぜだろう、こういうおじさん&おじいさんに猛烈にナメられている感が拭えないのは。

特に子どもと一緒にいるときにこういうことを言われると「私はなぜこのおっさんの世間話に付き合ってしまったのだろう」と深く後悔するよね。

 

昨年の2020年、フランスはロックダウンの影響で、3ヶ月ほど我が子の幼稚園がお休みになりました。私はちょっと大きめのレジデンスに住んでいまして、そこにお散歩コースがあったり小さな森が隣接していたりします。

幼稚園がお休み中は毎日、子どもと一緒にレジデンス内をお散歩していました。そのうち、散歩コースに高頻度で遭遇するおじさんがいることに気づいた。

 

最初は挨拶するだけでしたが、そのうち話しかけられ、5分ほど立ち話することもあった。ある日急に好きだと言われてびびった。そしていや、無理ですと即答したのですが、そのときにこんな言葉を言われた。

「僕がもうちょっと若かったら恋が始まっていたかもしれないね〜(ニヤニヤ)。」

 

卒倒しそうになるよね。

 

そんなことがあって、しばらくはその散歩コースは使わないでいたのですが、あるときどうしてもそこを通らなければいけない日があって。子どもと通過したら案の定そのおじさんがいた。そして私の顔を見るなり

「最近全然通らなかったよね。もしかして旦那に怒られちゃった?」

と言われた。

またまた卒倒しそうになった。

怒られるて何が?みたいなね。怒られるようなことがあるとすればオマエに隙を見せたことだ。

 

私は美人でもないし若くもないんですが、性別が女性だというだけでこういうことはまま起きます。

自分の外見を自由に変えられるフィルターがあれば欲しいなあ。光の屈折で目の水晶体に写る情報を操作する機械とか何とか。

 

▼子どもと一緒に散歩中はこの中のどれかの人に変身したい。

f:id:mi_ro:20210209234945p:plain

画像はSHXGX MMA様のTwitterよりお借りしています。

 

▼全国のおじさんには申し訳ないがこれはファンタジーです。

恋は雨上がりのように

恋は雨上がりのように

  • 発売日: 2018/11/21
  • メディア: Prime Video